クリーニング・メンテナンス

カーテンのクリーニングQ&A

Q. カーテンのクリーニングはどのくらいの間隔ですればよいのでしょうか?
A. 厚地カーテンは2年に1回、レースカーテンは1年に2回くらいが目安です。
交通量の多いお宅は、カーテンに汚れが付きやすいので、レースだけを多めに洗うことをおすすめします。
Q. 家庭で洗えますか?
A. 原則として洗えます。取り扱い絵表示をご確認頂き、注意事項をお読み下さい。
洗濯機のすすぎボタンで水洗いし、その後本洗いします。
夏は脱水のあと、そのままカーテンレールに戻して吊るし自然乾燥させるのが最適です。屋外で干す場合は陰干しをします。ドラム乾燥はお避け下さい。(万が一縮んだ場合は可能な限り直します。)
ご自分で洗濯するのが不安な方は、当店にご連絡下さい。実費で承ります。
Q. クリーニングをしてくれますか?
A. ご要望があればクリーニングいたします。当店ではカーテンを外してクリーニングして丈もお直しします。(実費で承ります。)またクリーニング中、仮カーテンもお貸しします。
カーテンのクリーニングQ&A 終わり

ブラインドのメンテナンスQ&A

Q. ブラインドの普段のお手入れ方法は?
A. ご家庭では次の要領でお手入れ下さい。丸洗いは当店にご連絡頂ければ承ります。
ブラインドのメンテナンス
あらかじめブラインドの下にシートをしいておきます。
洗剤用液に2〜3足軍手をつけます。
ゴム手袋の上から軍手をはめ、スラットを指ではさみ左右に動かしながら拭いていきます。
最後は全体に水拭きし、ブラインドを降ろした状態で自然乾燥させてください。
Q. ブラインド操作のひもが切れてしまいました!
A. 大丈夫です。交換いたします。
取り扱い方法によっては長持ちさせる方法もございます。お気軽にお問い合わせ下さい。
Q. 汚れの取れやすいブラインドはありますか?
A. あります。こちらも当店までお気軽にご相談ください。
ブラインドのメンテナンスQ&A 終わり

シェードのクリーニングQ&A

Q. シェードの取り外し方を教えて下さい。
A. シェードの取り外し、取り付けは次の手順で行ってください。
※バルーンシェードもウェイトバーがないだけで同じように取り外しができます。
シェードのクリーニング 取り外し方
シェードを下まで降ろします。
ヘッドレールのマジックテープから布地をはがします。
最下部のコードアジャスターからひもを外し、ウェイトバーを外します。
ひもを軽く結んでおくとひもがはずれないです。
シェードのクリーニング 取り付け方
マジックテープを取り付けます。
裏面のリングテープに上からひもを通していきます。
ウェイトバーを通します。
最下部コードアジャスターにひもを巻き付けます。
シェードのクリーニングQ&A 終わり

ロールスクリーンのクリーニングQ&A

Q. 取り外して洗うことはできますか?
A. ウォッシャブルタイプの生地の場合は、洗濯機などで水洗いできます。
ただし漂白剤は使用しないでください。乾かすときは自然乾燥してください。
スクリーンの交換も承ります。費用は、製品価格の50%位です。